雪国科学の融雪システム

雪降ろしの大変さ

最近は暖冬で雪の量も少なくなってきていますが、それでも地域によっては雪に悩まされているところは多くあります 。とりわけ谷あいや山間部などの雪の多いところは雪が過疎化の要因の一つにもなっています。核家族化が進み、その地域にはお年寄りだけが住まいする家が増えています 。冬、特に夜中に深深と屋根に降り積もる雪には「心配で眠れない」と言う話を聞きます。本州に積もる湿った雪は、1 m3 で約300㎏にもなると言われています。屋根に積もった重たい雪降ろし 、また、落とした雪の処理の大変さ、 お年寄りには本当につらいことなのです。

 

琵琶湖の東北部に位置する弊社は県内でも有数の豪雪地域にあります。雪に長年悩まされ続けた経験から、そのような苦労を軽減し、安心した暮らしが少しでもできるようお役に立ちたいと考えています。そこで、数ある融雪システムの中でも、雪国新潟の雪国科学㈱の「オンリーワン」は、維持費が安く長持ちし、施工が簡単で、使っていただく方の立場にたって開発された融雪システムなのです。

yuki

不可能が可能になった!既存屋根融雪の決定版!

熱効率を極めた究極の融雪

今お住まいの家の屋根にテフロンヒーターを特殊アルミテープで止めるだけで(一部の屋根を除く)熱効率を極めた究極の融雪装置です。

テフロンヒーター

テフロンヒーターはたった4 ㎜の細さで紫外線、酸、アルカリ、にも侵されず、200 ℃近い耐熱性があり、傷がつきにくく絶縁性能にすぐれた強靭なヒーターです。

特殊アルミテープ

100ミクロンの厚さで、アクリル系の二重焼付塗装で表面を強化し、接着のための樹脂は熱くなると分子構造が結合し接着力が強力になる樹脂を使用しています。このような特殊な仕様により、屋根材と同等の耐久性を持ちはがれる心配はありません。
だから過酷な屋根の環境に耐えられるシステムなのです
tefuron02

施工場所を選びません

tefuron03
融雪パワーが自由自在

テフロンヒーターの取付ピッチを変えるだけで出力を自由自在にかえることができます。

シンプルなシステムだから

•  屋根、軒先の形状に合わせて自由に施工できます。
•  軒先のツララ対策や雪庇対策も可能
•  軒先の危険な場所だけでも施工が可能
•  曲面や垂直面にも施工が可能

kawara

瓦屋根の設置例

kaisya

社屋折半屋根設置例

yusetsu01
yusetsu02

AIRINシステムで効率よく融雪

「ルーフサーミック」 新築時には屋根下施工もできる

ルーフサーミック

浅深施工で抜群の熱効率

「ロードサーミック」 駐車場などの既存路面にも施工できる

road01
road02

熱源を舗装面から20~40mmと非常に浅い場所に埋設することで、熱効率が抜群に高く、極めて少ないエネルギーで融雪が可能です。

駐車場の除雪も不要、雪捨ての場所もいりません。

融雪電力

関西電力・北陸電力には冬季だけに「融雪用電力」として使用できるお得なメニューがあります。

詳しくは弊社ならびに電力会社にお問い合わせください。